「桜」は出会いと別れの季節に咲く

高橋弘幸-桜咲く風景

 「さまざまの事おもひ出す桜かな」この句は、松尾芭蕉の句で、元禄元年(1688)芭蕉が、奥の細道の旅に出る一年前、故郷の「伊賀の国」に帰省した時に詠んだ句である。時に芭蕉45歳だった。
 芭蕉のふるさとへの思い、若き日に自分の周囲で起こったことを「桜」からイメージを広げている。
 といいつつ深い意味は分からないが、何となくではあるが自分自身の人生でも感じるものがある。
高橋弘幸-平瀬川の桜 「桜」は、季節の節目に咲き。出会いと別れ、その当時のことが思い浮かぶ。
 いわゆる花見をはじめて経験したのは、福祉施設の職員だった20代前半の津田山霊園(高津区)。施設の利用者と職員・ボランティアで盛り上がった。ただ、私一人だけ盛り上がれなかった記憶がある。津田山霊園は、花見の名所で多くの花見客で大騒ぎ。鉄板、発電機、プロパン、カラオケと何でもあり。酔っ払いがそこらで騒ぎ回り、墓石に倒れている人もいた。無法地帯化した風景に幻滅。これが最初で最後の花見だった。。
 花見は、静かにのんびりと鑑賞するのが良い。とはいうもののそのような場所も文化も少なくなった。
 歴史から考察すると、平安時代までの花見は貴族の文化だった。それが、鎌倉時代になり武士たちにも広がった。そして、宴会型の花見は、豊臣秀吉から始まったとされる。もう一方で、農民の間では、冬をもたらす山の神を送り出し、春を呼ぶ田の神を迎える「春行き」「春山入り」が行われた。豊作を占う神事であった。
 江戸時代に入り、都市に住む庶民のも広がり、娯楽としての花見が定着したようだ。
 「花より団子」の歴史も長そうだ。みなさんの「桜」の思い出は…

※2020年の花見は、新型コロナウイルス感染症のため自粛されている。
【注意】(2020年3月記)掲載記事は、内容がかわっている場合があります。
     内容に『過誤』があるかも知れないことをご理解ください。
     率直な感想・気持ちなどを記載しました。

高橋 弘幸

投稿者プロフィール

川崎市北部の長沢地域でまちづくり活動に参加(らぶながさわ)。また、(宮前区)長沢自治会の役員。宮前区観光協会web担当。福祉系NPO法人の事務局長として、[pipi]の愛称で「里山福祉」「下町福祉」を全国的に発信中!!  地元川崎の「川崎フロンターレ」「川崎純情小町☆」を応援(^.^) お仕事は、建築業(企画・広報)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 川崎市多摩区「萬休山 福聚院 観音寺」さん

    2020-9-16

    第2番札所「萬休山 福聚院 観音寺」さん

     「萬休山 福聚院 観音寺」さんは、真言宗豊山派の寺院。  武州稲毛七福神の恵比寿さまのお寺さん。…
  2. 長沢諏訪社-川崎純情小町☆

    2020-6-2

    神社は地域とのつながり-長沢諏訪社

     都市化している地域にあって、神社という空間は、人々を集める力があり役割がある。  昔から神社は、…
  3. 高橋弘幸-桜咲く風景

    2020-3-20

    「桜」は出会いと別れの季節に咲く

     「さまざまの事おもひ出す桜かな」この句は、松尾芭蕉の句で、元禄元年(1688)芭蕉が、奥の細道の旅…
  4. 高橋弘幸-俳句

    2020-1-24

    平成7年頃のマイブーム「俳句」

    俳句(高香) ・時めいたはじめてのウソ夏の海  (海の一句佳作) ・コスモスと風のダンス…
  5. 川崎市多摩区「角屋」さん

    2020-1-30

    男自慢酒造(山口県)龍の尾-純米大吟醸-四割磨き-

     男自慢酒造は、岸田劉生画伯と親交があった酒蔵。  同酒蔵「男自慢 天の美禄」は、岸田劉生直筆のも…

高橋弘幸の自己紹介

ページ上部へ戻る