衝撃を受けた言葉

高橋弘幸-パキスタン


One child, one teacher, one book,
     one pen can change the world
---1人の子ども、1人の教師、1冊の本、1本のペン、
         それで世界は変えられます。---

 
 この言葉は、パキスタンの人権運動家で、少女の教育権と教育の大切さを主張する人権活動をしている、マララ・ユスフザイ( Malala Yousafzai:1997- )の言葉で、マララさんは、今年、史上最年少でノーベル平和賞を受賞した。
私はマララ テレビなどでも話題になったが、11歳のころからインターネットを通して、タリバンによる女性教育に対する弾圧の実情などを訴えてきた。2012年には、スクールバスに乗っていたところをタリバンの武装グループに襲撃され、重傷を負った。しかしその後も、恐怖に屈することなく活動を続け、世界中から大きな称賛・支援を集めた。
 平和であろう日本にあって、教育は受ける権利も義務もあり、当たり前のように読み書きができる。こんなことに疑問を思ったことがなかった。ところが世界を見渡せば、識字率が低い国は多く男女差があることにも気づく。
 わたしは、思想家でも宗教家でもない。正直、日々の生活でいっぱい、いっぱいのところもある。異文化の思想、宗教に立ち入ることは、時として過ちにつながることもある。でも、マララさんの言葉に素直に共感するのは大切なのではと思う。そして、思いを寄せ、行動することも大切のではと感じる。
 実際に何ができるかは分からないが…
 
---私は自分にこう言い聞かせました、「マララ、あなたはすでに死に直面しました。これはあなたの第二の人生です。恐れてはなりません。臆病になれば、前に進むことができなくなってしまいます」---
 I told myself, Malala, you have already faced death. This is your second life. Don’t be afraid — if you are afraid, you can’t move forward

【注意】(2014年12月記)掲載記事は、内容がかわっている場合があります。
     内容に『過誤』があるかも知れないことをご理解ください。
     率直な感想・気持ちなどを記載しました。

高橋 弘幸

投稿者プロフィール

川崎市北部の長沢地域でまちづくり活動に参加(らぶながさわ)。また、(宮前区)長沢自治会の役員。宮前区観光協会web担当。福祉系NPO法人の事務局長として、[pipi]の愛称で「里山福祉」「下町福祉」を全国的に発信中!!  地元川崎の「川崎フロンターレ」「川崎純情小町☆」を応援(^.^) お仕事は、建築業(企画・広報)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 光明山 照曜院 大蓮寺

    2020-1-28

    第22番札所「光明山 照曜院 大蓮寺」さん

     「大蓮寺」さんは、聞能上人(延宝6年1678年)が開山。  寛永2年(1625)に創建したといい…
  2. 高橋弘幸-宮前区産のフキノトウ

    2020-2-3

    いつまで食べられる? 宮前区菅生産のフキノトウ!!

     フキノトウの季節になった。  宮前区菅生に毎年「フキノトウ」が自生する。  今年は、少し早いか…
  3. 高橋弘幸-まちと人

    2020-1-25

    まちづくりと人「よそ者」「若者」「ばか者」

    「よそ者」「若者」「ばか者」  最近、行政によるまちづくりに参加している。このまちづくりに参加して…
  4. 高橋弘幸-桜咲く風景

    2020-3-20

    「桜」は出会いと別れの季節に咲く

     「さまざまの事おもひ出す桜かな」この句は、松尾芭蕉の句で、元禄元年(1688)芭蕉が、奥の細道の旅…
  5. ご恩送り

    2020-2-7

    「恩のリサイクル」(御)恩送り

     「(御)恩送り」という言葉をご存じですか?  「恩返し」と比べて、かなりマイナーな言葉かもしれな…

高橋弘幸の自己紹介

ページ上部へ戻る