地元のお稲荷さん[松澤稲荷]

川崎市松澤稲荷

 稲荷神社は「お稲荷さん」と呼ばれ地域の人たちに親しまれている。
 地域には、小さなお稲荷さんがたくさんある。
 江戸時代頃から信仰が始まり、一族で守っているようだ。

 「初午」には、一族が集まり祭事が行われる。
 「松澤稲荷」は、川崎市麻生区、多摩区に住む松澤さんたちが集まる。
 油揚げなどが奉納される。

地元のお稲荷さん[松澤稲荷]

【注意】(2021年2月記)掲載記事は、内容がかわっている場合があります。
     内容に『過誤』があるかも知れないことをご理解ください。
     率直な感想・気持ちなどを記載しました。

 

高橋 弘幸

投稿者プロフィール

川崎市北部の長沢地域でまちづくり活動に参加(らぶながさわ)。また、(宮前区)長沢自治会の役員。宮前区観光協会web担当。福祉系NPO法人の事務局長として、[pipi]の愛称で「里山福祉」「下町福祉」を全国的に発信中!!  地元川崎の「川崎フロンターレ」「川崎純情小町☆」を応援(^.^) お仕事は、建築業(企画・広報)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 高橋弘幸-パキスタン

    2020-1-24

    衝撃を受けた言葉

    One child, one teacher, one book,      one pen…
  2. 2020-2-1

    醤油と地域「醤油から日本が見えてくる」

     醤油は、麹(こうじ)によって醸される日本の伝統的な発酵調味料で、かつては家庭で作られ、小麦と大豆、…
  3. 高橋弘幸-国語辞典

    2020-1-24

    『やつ』ということば!!「そちらの赤いやつ」

      最近、物を指し示すときに「やつ」という言葉をあちこちで耳や目にする。実際、私も無意識に使っている…
  4. 鬼太郎公園(調布)

    2020-1-26

    妖怪たちが楽しく集う「鬼太郎ひろば」(調布市)

    「鬼太郎ひろば」は、2019年5月に調布市下石原に誕生した。  調布市に50年以上在住した調布市…
  5. 鬼太郎茶屋(深大寺)

    2020-1-26

    わくわくが止まらない「鬼太郎茶屋」(深大寺)

     深大寺さんの参道にあるカフェ・ショップ・ギャラリー「鬼太郎茶屋」。  「自然との共存」をテーマに…

高橋弘幸の自己紹介

ページ上部へ戻る