関東有数の古刹「深大寺(じんだいじ)」

深大寺

 深大寺は、おそばで有名...
 東京では、浅草寺に次いでの古刹で天台宗のお寺さん。
 正式名称を天台宗別格本山浮岳山昌楽院深大寺という。
 アニメ好きが集まる「鬼太郎茶屋」も人気。
 水と自然に囲まれたお寺を楽しんで...

深大寺(調布市)

天台宗別格本山浮岳山昌楽院深大寺

深大寺(調布市)

本堂


 東日本最古にして都内寺院唯一の国宝仏「釈迦如来像」ぜひ拝観したい。
 穏やかな微笑みは、時代を超えた壮大さを感じる。

深大寺(調布市)

元三大師堂(がんざんだいしどう)


 深大寺の厄除け信仰の中心、元三大師堂(がんざんだいしどう)にもぜひ立ち寄りたい。
 ここで配られるおふだは独特のものだ。
 鬼の形相の元三大師!!
 (説明書きによると)平安の昔、元三大師が鬼の姿となり疫病神を退散したときの姿を写し取ったもので、「角大師(つのだいし)」などと呼ばれている。
 「おふだ」は、魔除けとして玄関などの入口に貼るとよいらしい。
 
深大寺(調布市)

鐘楼


 鐘の音が響く~
 修行僧らしきお坊さんが、ひとつひとつ丁寧に拝みながら鐘をつく。
 まわりの人々は、自然と足が止まる。
 私は、人生ではじめて、間近で鐘の音を聴いた。

 20年ほど前に調布市で仕事をしていたとき、毎日のように深大寺の前をバイクで走っていた。
 でも、初めての参拝だった。
 ”元三大師”姿が目に浮かび、また、訪ねてみたい。

【注意】(2019年10月記)掲載記事は、内容がかわっている場合があります。

高橋 弘幸

投稿者プロフィール

川崎市北部の長沢地域でまちづくり活動に参加(らぶながさわ)。また、(宮前区)長沢自治会の役員。宮前区観光協会web担当。福祉系NPO法人の事務局長として、[pipi]の愛称で「里山福祉」「下町福祉」を全国的に発信中!!  地元川崎の「川崎フロンターレ」「川崎純情小町☆」を応援(^.^) お仕事は、建築業(企画・広報)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 高橋弘幸-宮前区産のフキノトウ

    2020-2-3

    いつまで食べられる? 宮前区菅生産のフキノトウ!!

     フキノトウの季節になった。  宮前区菅生に毎年「フキノトウ」が自生する。  今年は、少し早いか…
  2. 高橋弘幸-グルメ-ケーキ

    2020-1-26

    noconocoさんのタルトのケーキ(^。=)

     姪の誕生日!!  「パティスリーノコノコ」さんのタルトのケーキ(^。=)   フルーツ盛りだく…
  3. 高橋弘幸-パキスタン

    2020-1-24

    衝撃を受けた言葉

    One child, one teacher, one book,      one pen…
  4. 鬼太郎茶屋(深大寺)

    2020-1-26

    わくわくが止まらない「鬼太郎茶屋」(深大寺)

     深大寺さんの参道にあるカフェ・ショップ・ギャラリー「鬼太郎茶屋」。  「自然との共存」をテーマに…
  5. 2020-2-1

    醤油と地域「醤油から日本が見えてくる」

     醤油は、麹(こうじ)によって醸される日本の伝統的な発酵調味料で、かつては家庭で作られ、小麦と大豆、…

高橋弘幸の自己紹介

ページ上部へ戻る