宮坂醸造(長野県)純米吟醸 真澄 活性にごり

川崎市多摩区「角屋」さん

真澄
 その昔、上巳の節句(雛祭り)には、桃の花を浮かべた清酒である「桃花酒」を飲む風習があった。
 江戸時代になってから「白酒」を飲むようになったようだ。
 この「白酒」は、みりんや焼酎などに蒸したもち米や米こうじを仕込み熟成させたお酒...
 でも、あまり美味しいとは思えないので、この日のために買い求めていたお酒で乾杯!!
 
 ---純米吟醸 真澄 活性にごり---
 栓を開けるとジュワーっとお酒の香りが拡がる。
 活性にごり、ということで生きていることを実感する。
 いわゆる澱は、少くないが口の中に甘味を運んでくれる。
 ハツラツとしたガスの刺激がたまらない。
 真澄独特なのかも知れないが、適度な酸味と辛みも伝わる。
 これは、これで美味しい(^.^)

【注意】(2020年3月記)掲載記事は、内容がかわっている場合があります。

高橋 弘幸

投稿者プロフィール

川崎市北部の長沢地域でまちづくり活動に参加(らぶながさわ)。また、(宮前区)長沢自治会の役員。宮前区観光協会web担当。福祉系NPO法人の事務局長として、[pipi]の愛称で「里山福祉」「下町福祉」を全国的に発信中!!  地元川崎の「川崎フロンターレ」「川崎純情小町☆」を応援(^.^) お仕事は、建築業(企画・広報)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 高橋弘幸-自殺対策本

    2020-1-25

    書籍「自殺対策」本に執筆

     今から7年前になるが「メンタルヘルスとソーシャルワークによる自殺対策(相川書房)」という書籍が…
  2. 川崎市多摩区「角屋」さん

    2020-3-3

    宮坂醸造(長野県)純米吟醸 真澄 活性にごり

     その昔、上巳の節句(雛祭り)には、桃の花を浮かべた清酒である「桃花酒」を飲む風習があった。 …
  3. 川崎市多摩区「角屋」さん

    2020-1-30

    男自慢酒造(山口県)龍の尾-純米大吟醸-四割磨き-

     男自慢酒造は、岸田劉生画伯と親交があった酒蔵。  同酒蔵「男自慢 天の美禄」は、岸田劉生直筆のも…
  4. 川崎市多摩区「角屋」さん

    2020-5-27

    齋彌醸造(秋田県)雪の茅舎 秘伝山廃 限定生酒

     「美酒王国秋田」といわれる秋田県。   雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)を醸造する齋彌酒造は、秋田県由…
  5. 高橋弘幸-国語辞典

    2020-1-24

    『やつ』ということば!!「そちらの赤いやつ」

      最近、物を指し示すときに「やつ」という言葉をあちこちで耳や目にする。実際、私も無意識に使っている…

高橋弘幸の自己紹介

ページ上部へ戻る