カテゴリー:書き物

  • 高橋弘幸-桜咲く風景

    「桜」は出会いと別れの季節に咲く

     「さまざまの事おもひ出す桜かな」この句は、松尾芭蕉の句で、元禄元年(1688)芭蕉が、奥の細道の旅に出る一年前、故郷の「伊賀の国」に帰省した時に詠んだ句である。時に芭蕉45歳だった。  芭蕉のふるさとへの思い、若き…
  • 醤油と地域「醤油から日本が見えてくる」

     醤油は、麹(こうじ)によって醸される日本の伝統的な発酵調味料で、かつては家庭で作られ、小麦と大豆、あるいは小麦がとれない地方では大麦で諸味(もろみ)を仕込んで作られていた。  つまり、家庭、地域によって醤油の味は違っ…
  • 高橋弘幸-俳句

    平成7年頃のマイブーム「俳句」

    俳句(高香) ・時めいたはじめてのウソ夏の海  (海の一句佳作) ・コスモスと風のダンス紙おむつ  (地方新聞佳作) ・「さようなら」メガネ割れし夏の果て ・夏祭り作業着のまま駆けつける ・紅葉山黄色い…
  • 高橋弘幸-ミョウガ

    ミョウガを食べると物忘れが…茗荷和尚

     茗荷(ミョウガ)には、不思議な逸話がついてまわる。食べると「物忘れがひどくなる」「バカになる」など…  この逸話には、お釈迦様のお弟子さんが関係している。本当の愚者とは???  
  • 高橋弘幸-パキスタン

    衝撃を受けた言葉

    One child, one teacher, one book,      one pen can change the world ---1人の子ども、1人の教師、1冊の本、1本のペン、         …
  • 高橋弘幸-国語辞典

    『やつ』ということば!!「そちらの赤いやつ」

      最近、物を指し示すときに「やつ」という言葉をあちこちで耳や目にする。実際、私も無意識に使っているかも知れない。  例えば、「そちらの赤いやつ」「○○みたいになってるやつ」「落ち着いて清潔そうに見えるやつ」など… …
  • 高橋工務店-エッセイ

    はがき歌コンテスト(佳作)はじめてだよ…

    はじめてだよこんな経験からだじゅうがあつくてあつくてこれが恋なの? (はがき歌コンテスト 佳作) 【注意】(2013年8月記)掲載記事…
  • 高橋弘幸-川柳

    胃腸にまつわる川柳で特選

    ・もう一杯もういっぱいだと胃がぼやく・・・ (胃腸にまつわる川柳 入選) ・酌をされ笑う笑顔に泣く胃腸 (胃腸薬プロジェクト選 特選) 【注意】(2013年1月記)掲載記事は、内容がかわっている場合があります…
  1. 高橋弘幸-まちと人
    「よそ者」「若者」「ばか者」  最近、行政によるまちづくりに参加している。このまちづくりに参加して…
  2. ガリレオ・ガリレイのリハビリテーション
     地動説で有名なガリレオ・ガリレイは、彼の死後なんと約350年後にリハビリティーションが行われた…
  3. 高橋弘幸-ミョウガ
     茗荷(ミョウガ)には、不思議な逸話がついてまわる。食べると「物忘れがひどくなる」「バカになる」など…
  4. 高橋弘幸-パキスタン
    One child, one teacher, one book,      one pen…

高橋弘幸の自己紹介

ページ上部へ戻る