ミョウガを食べると物忘れが…茗荷和尚

高橋弘幸-ミョウガ


 茗荷(ミョウガ)は、収穫時期で分けて7月~8月に採れるものを「夏ミョウガ」、9月~10月に採れるものを「秋ミョウガ」という。
 しかし、最近では、季節感がなくなり1年中見かけることが多くなった。
 ところで、この野菜には不思議な逸話がついてまわる。
 「物忘れがひどくなる」「バカになる」など…

 これは、お釈迦様の弟子の周梨槃特(しゅりはんとく)という人物に由来している。
 この周梨槃特は、双子で、摩訶槃特(まかはんとく)という兄がいた。
 兄の摩訶槃特は、とても賢く、お釈迦差様の教えをすぐに理解できた。
 しかし、弟の周梨槃特は、自分の名前も忘れてしまうほどの愚かな者だった。

 こんな弟に兄は、お釈迦様の弟子にはなれないのだから、家に帰るようにすすめる。
 ところが、弟は、お釈迦様のそばにいたかったのです。
 弟は、お釈迦様に愚かな自分のことをすべて話した。

 すると、お釈迦様は、1本のホウキを渡して…
 「塵をはらい、垢をのぞかん…この言葉を思いながら一生懸命に掃除を続けなさい。」とだけ教えた。
 それから、雨の日も風の強い日も毎日毎日一生懸命に掃除を続けた。

 いつしか周梨槃特は、『自分の心の塵をはらってみがいていくこと。そうすれば自分の心にたまった欲という垢をとりのぞけるのだ。それが大切なことなのだ…』と気づく。
 お釈迦様は、「たとえ愚かであっても自分が愚かであると知ることは、自分のことを賢いと思いこんでいる愚かな人より、本当の賢い人なのだ」と言って、周梨槃特(しゅりはんとく)の心をほめた。
 周梨槃特は、お釈迦様の教えがわかる本当の賢い人となった。 
 人は誰でも、「愚か」と思われるより「賢い」と思われたいものである。
 学校の成績が良くなりたいと思うし、社会に出て出世したいとも思う。損をするよりは、得をして暮らしたいと願う。
 そのために努力することは大切だと思う。確かに欲なのかも知れない。
 ただ、自分以外の「何か」や「誰か」と比べることの愚かさや、他人を否定することはあってはならないだろう。
 
 これが茗荷の逸話であり、周梨槃特(しゅりはんとく)は、のちに茗荷和尚と呼ばれるようになった。

 夏の暑い時期にそうめんの薬味としての茗荷は格別である。脇役として存在感がある。
 亡くなった周梨槃特の墓にいくと、見慣れない草が生えていた・・・それが今に伝わる茗荷である。

 ---私が茗荷和尚という名を知ったのは、障がい児教育の先駆者である田村一二先生だった。もう30年も前の話である。---       

【注意】(2015年4月記)掲載記事は、内容がかわっている場合があります。 

高橋 弘幸

投稿者プロフィール

川崎市北部の長沢地域でまちづくり活動に参加(らぶながさわ)。また、(宮前区)長沢自治会の役員。宮前区観光協会web担当。福祉系NPO法人の事務局長として、[pipi]の愛称で「里山福祉」「下町福祉」を全国的に発信中!!  地元川崎の「川崎フロンターレ」「川崎純情小町☆」を応援(^.^) お仕事は、建築業(企画・広報)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 深大寺

    2020-1-26

    関東有数の古刹「深大寺(じんだいじ)」

     深大寺は、おそばで有名...  東京では、浅草寺に次いでの古刹で天台宗のお寺さん。  正式名称…
  2. 高橋弘幸-インターネットとコミュニティワーク

    2020-1-25

    インターネットとコミュニティワーク

    新しい時代のコミュニティを探る インターネットとコミュニティワーク ―――は…
  3. 鬼太郎茶屋(深大寺)

    2020-1-26

    わくわくが止まらない「鬼太郎茶屋」(深大寺)

     深大寺さんの参道にあるカフェ・ショップ・ギャラリー「鬼太郎茶屋」。  「自然との共存」をテーマに…
  4. 高橋弘幸-ミョウガ

    2020-1-24

    ミョウガを食べると物忘れが…茗荷和尚

     茗荷(ミョウガ)には、不思議な逸話がついてまわる。食べると「物忘れがひどくなる」「バカになる」など…
  5. 高橋弘幸-宮前区産のフキノトウ

    2020-2-3

    いつまで食べられる? 宮前区菅生産のフキノトウ!!

     フキノトウの季節になった。  宮前区菅生に毎年「フキノトウ」が自生する。  今年は、少し早いか…

高橋弘幸の自己紹介

ページ上部へ戻る