いままでの俳句

俳句(高香)

・時めいたはじめてのウソ夏の海  (海の一句佳作)
・コスモスと風のダンス紙おむつ  (地方新聞佳作)
・「さようなら」メガネ割れし夏の果て
・夏祭り作業着のまま駆けつける
・紅葉山黄色い声がこだまする
・秋深し聞き耳立ててベルを待つ
・洗い髪彼女の気持ち掴みけり

平成7年頃の作品。この年の前後、投稿マイブームがあった。
一応、入選したものなどを掲載しました。

【注意】掲載記事は、内容がかわっている場合があります。